いろいろ書く

sitablo

就活

マーチの学生が就活で成功するために必要なのは、「マーチっぽさ」である

投稿日:

マーチは就活でもすんなりと内定が貰えるという印象が世間的にはあるようですが、実際にその認識は半分正解で半分間違いです。

 

確かに会社を選ばなければ余裕で内定は貰えます。

ただしそれは飲食、介護、小売、ITの下請けといった、マーチから行くにはかなり残念な企業の場合です。

 

それなりの企業に内定を貰うにはESや面接で努力が必要となります。

マーチだから余裕と思って手を抜いた学生は地獄を見ることが多いです。

 

故に、マーチは就職できる企業のレベル差が一番大きいと言われてるのです。

 

友人間で内定した企業のレベルがち違いすぎて、友情が壊れたりその後の交友が薄くなってしまうというパターンも少なくありません。

そうならないためにもマーチ就活生は努力しなければなりません。

 

以前「マーチの就活生が超大手企業に入る方法」という記事で、他にはない能力や経験をアピールする必要がある、と書きましたが実際問題そんなアピールポイントを持っているマーチ生は少ないです。

今回はそのような能力や経験がない普通のマーチ就活生に向けて、マーチ妥当(採用される学生の多くがマーチレベルの大学である)企業に入るための方法をお伝えしたいと思います。

 

企業がマーチに求めるもの

就活で成功するには、企業がどんな人材を求めているのかを考えなければいけません。

そして面接では、自分が企業の求める人材であるかのように振る舞う必要があります。

 

では企業はマーチの学生にどんな事を求めているのでしょうか。

 

答えは「マーチっぽさ」です。

 

もう少し平たく言うと「普通のいいヤツ」です。

 

マーチ は学力では早慶や旧帝大に及びませんが、世間一般的に見ればそこそこの高学歴です。

企業側としては「バカではないけどそこまで能力が高いわけではない」という評価をします。

 

ですから、マーチの学生が就活で頭の良さをアピールすることは望ましくありません。

本当に頭がいいならマーチなんて入りませんからね。

 

マーチの就活生がアピールするべきポイントは、人当たりの良さ、コミュニケーション能力です。

殆どのマーチ文系学生なんてまともに勉強していない人が大半ですから、企業としても学力にそこまで期待はしていません。

 

それよりも協調性を持って一緒に仕事をやっていける人間かどうかが評価のポイントになるわけです。

 

一生懸命勉強して高いGPAを取得した人よりも、4年間チャランポランに遊び歩いていた人がより良い企業に内定するということがよく起こりますが、こういう理由があるんですね。

 

ですからマーチの就活生が学チカや自己アピールで主張するべきポイントは、人間関係を構築する能力や誰かと一緒に何かを成し遂げたエピソードであることが望ましいです。

孤独に学問や資格勉強を頑張ったエピソードはあまりオススメしません。

 

もちろん今は人材の多様性が求められている時代ですから、協調性に欠ける変わった人間を採用する企業はあるかもしれません。

ですがそれがマーチの学生である可能性は低いと思います。

採用されるのは協調性はないけれどもそれを覆すほどの突出した能力がある人間です。イメージ的には京大にいる変人とかですね。

 

面接にかかっている

つまり、普通のマーチ文系学生が就活で頑張るべきなのは面接なのです。

 

面接で、「こいつは会話も弾むし人当たりもいいな」と思ってもらえれば内定の確率はグンとあがります。

逆に「こいつは覇気がないし一緒にいてもつまらなそうだ」と思われればお祈りされてしまいます。

 

かく言う僕自身もマーチ出身なのですが、何となく面接が苦手なことは自覚していたので面接対策はかなり念入りにやり込みました。

 

実際に大学のキャリアセンターで面接練習をして、それを録画して見てみたのですがそれはもう酷いものでした。

目線は泳ぎまくり、挙動不審、声は低くてボソボソ喋る、ずっと無表情という職質待ったなしの有様だったのです。

これはマズイと思って、背筋を伸ばすとや面接官をまっすぐ見ることを意識し、家では自然な笑顔とやや高い声の出し方を研究して面接に望みました。

結果的に面接落ちたことはほぼないですし、満足行く企業に内定を貰うことができました。

 

僕はもともとそんなに社交的な方ではないですし、コミュ力も人並み以下です。

しかし、そんな自分でも練習の甲斐あって面接の30分くらいなら社交的で笑顔の爽やかな好青年を演じることができました。

あなたが根暗で友達0の人間だとしても、マーチっぽいヤツを演じることで内定は近づきます。

たった数十分でそこまで見抜ける人事なんてそうそういません。

 

面接に自身がない方は実際に録画することをオススメします。

恥ずかしいですけど人生を大きく左右する就活ですから、絶対に手を抜かないほうがいいですよ。

 

とにかくTOEIC

以前「就活のために資格を取るのはまじで無駄だからやめたほうがいいよって話」という記事でも書きましたが、TOEICを取っておくと就活でかなり評価されます。

 

英語が全く関係ない職種でも、「どれだけコツコツ努力出来る人間か」を見る指標に使われるので取っておいて損はありません。

 

最低でも600点、出来れば700点あるとかなり評価してもらえます。

マーチに一般入試で入る学力があれば、600点なら1ヶ月、700点なら2ヶ月で余裕で狙えます。

それ以上はやや時間がかかるので、あなたが入りたい企業の難易度に合わせて勉強してください。

 

とにかく変な資格を取るくらいならTOEICです。

日系企業はなぜか異常なほどTOEIC高得点の就活生が好きなので、是非高得点を狙っていきましょう。

 

 

 

-就活

Copyright© sitablo , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.