いろいろ書く

sitablo

海外

ホーチミンから行ける、メコン川下りツアーに参加してきた

投稿日:

先日ホーチミンを訪れた際に、定番中のド定番であるメコン川下りツアーに参加してきました。

楽しいしコスパ最高だったので感想を書いてこうと思います。

ツアーの申し込み方

メコン川下りツアーには地球の歩き方で紹介されているような日本語ガイド付きのものと、英語のツアーがあります。

日本語のツアーが5000円程度なのに対し、英語のツアーはたった1000円前後です。

予算と好みにもよりますが、英語のツアーで十分だと思います。

メコン川ツアーは最もメジャーなツアーなので、ホーチミン市内の旅行代理店ならほとんどどこでも申し込むことが可能です。

言語に不安がある人は「イージーステイハノイ」という日本人経営のゲストハウスから申し込むことも可能です。

 

ツアーの行程

まずはバスでホーチミンから1時間ほどのかけてミトーという街に移動します。

するとまずココナッツ繊維を使った商品を売りつけるための土産屋に連れて行かれ、商品の説明を受けます。

観光客には金を落としてほしいワケですね。

売りつけるといっても買わなきゃ出れないなんてことは無いですし、9割の人は何も買わずに出てきます。ベトナム人は強引な押し売りを基本的にしません。

次にクルーザーに乗って10分程度移動します。

たぶんだけどこれがメコン川です。(適当)

 

船から降りると今度はハチミツ製品を売りつけられます。当然ここでも買わなくて大丈夫です。

蜂の巣をもたせてくれたり、ハチミツを溶かしたお茶の試飲やドライフルーツの試食ができます。

ハチが大量にブンブン飛んでるんですけど刺されることは無いです。

よくわからないまま続けて大蛇を首に巻くことに。見た目以上に重いです。

良くか悪くか観光客に触られまくりで大蛇はぐったりしてるので襲われるとかは無いと思います。

 

それからやや歩いて店みたいなところに移動。今度はなにが始まるのかと思えば

南国のフルーツを試食させてもらえます。お金は取られません。

衛生的に大丈夫かな〜と少し心配しながらバクバク食べましたが、問題ありませんでした。

 

お次はボートで川下りです。おそらくこれがツアーのメインイベント。

自分は「静かなマングローブ林をゆったりボートで下る」的なイメージを持っていたのですが、この日は日曜日という事もあり人が多く、何十メートルにも渡って先のボートが見えるという状況だったのでやや旅情に欠けるなーと感じたのが残念ポイント。

 

ボートを降りるとココナッツキャンディ工場見学です。

地元の人達がせっせとココナッツキャンディを作っている様子を見ることが出来ます。

30個入りくりらいのパックが1万5千ドンで買えるのでお土産にちょうどいいですね。

 

 

再びクルーザーに乗り、やっとランチの時間です。

写真のような簡素な料理をいただきました。ツアーの料金に含まれているのでお金はかかりません。

 

追加料金で魚のフライも頼めます。見た目のインパクトは大ですが泥臭くて味はイマイチです。

食後、1時間ほど自由時間をとりクルーザーでバスまで戻ります。

 

このままホーチミンに帰るのかと思いきや、よく分からない寺院に連れてかれました。

正直ここは面白みもなく完全な蛇足という感じでしたね。

 

その後やっとホーチミンに戻り、ツアーは終了となりました。

朝8時ころ集合して4時位に帰るという長いツアーだったのに、たった1000円で楽しめるというのはコスパ最高ですね!

みなさんもホーチミンを訪れた際は是非参加してみてください。

 

-海外

Copyright© sitablo , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.